女子会

マーメイドでは頻繁に女子会やってます!

 

 

飲み会で上手にお酒を断る方法

 

 

世の中には何人もお酒が弱い人がいます。
中にはまったく飲めないという人もいるくらいです。
そういう人たちにとって、飲み会は悩みの種だと思います。
どうにかお酒を断れないか、飲み会自体に行きたくない……そんな話を聞くことがよくあります。
それでも飲み会に参加しなくてはいけないとき、なんとかお酒を断る方法はないでしょうか?
今回はマナーの観点から、飲み会で上手にお酒を断る方法を見ていきましょう。

 

まずは常日頃から自分はお酒が飲めないことを周りにアピールしましょう。
多少しつこいくらい言うのが丁度良いです。
ただし飲み会の直前で盛り上がっているときなど、飲めないと宣言してしまうと場がしらけてしまう事があります。
こういう時はこちらも空気を読み、適切なタイミングでお酒が飲めないことを伝えましょう。

 

また飲み会では一番初めに出されたグラスは、一口だけで良いので必ず口をつけましょう。
これは飲み会において一種のマナーとなっているので、気をつけたいところです。
一口飲んだらあとはお酒に強い人やお酒が好きな人に飲んでもらうのが良いでしょう。
この辺りも上手く空気を読むことが大切です。

 

以上をまとめると、大切なことはその場の空気を読むことです。
ちゃんと空気を読んでいれば、お酒を断ることは難しくはありません。
ただし空気を読むのと無茶を強要されるのはまったく違います。
もし貴方にアルコールハラスメントを迫る人がいたら、すぐに幹事や話のわかる人に助けを求めましょう。
それでも駄目だという場合は、次からはその人たちと飲み会に行くのをやめることを強くオススメします。

 

やはり飲み会は楽しく過ごせることが大切です。
「お酒が飲めないから飲み会は楽しめない」ということはありません。
お酒が飲めないからこその楽しみ方をみつけて、飲み会を楽しいものに変えましょう。